欲望に負けたはるぴろです。(仮)

欲望に負けて買ってしまったものやってしまったことなど(主にゲーム)を紹介するブログです。

シナリオの充実度は有料ゲーム以上!スタジオわさびの無料アプリ『わさびゲーム』の魅力!

f:id:harupiro-gamezuki:20190308151937j:plain[^1]

こんにちは、シナリオライター志望のはるぴろです。

子供の時から推理系の小説とかアニメが大好き!

中学生の時とかは読むとか通り越して自分でトリックとか作って書いてました。

そういうのもあって、謎解きゲームとかもよくチェックしてプレイしているのですが、その中で、

「え!?これが無料なの?」

と思えた素晴らしいアプリを見つけたので紹介します!

その名も

わさびゲーム!

アプリのタイトル名だけだとなんか、謎解きゲームって感じはしませんがこれがすごいゲームなんです。

筆者がプレイして感じたこのゲームの魅力とは?

癖のあるタッチで描かれた個性的なキャラクターたち!

このゲームをプレーしてまず感じたのは、キャラクターたちの個性です。

f:id:harupiro-gamezuki:20190308152003j:plain[^1]

こちらは個人的に自分が一番好きな「神木リツ」さんですね。

見てわかる通り、すごい格好。見たものの頭に強烈に残るインパクトですね(んで可愛い)。このキャラの他にも、オカルトっぽい女子高生(の格好をした大人)とか、ちょっと天才風の白衣の男の人とか、どのキャラも個性が立っていて面白いんですよね。

そして、若干太めの癖のあるタッチ!個人的にはこの特徴的なタッチがキャラの個性を引き立てつつ、表情の変化とかを誇張してくれているのでプレイヤーをよりキャラクターに感情移入させてくれます。

それだけではなくこのゲームは結構なホラー要素が含まれておるのですが

このタッチのおかげでリアルになりすぎず、恐怖心を打ち消してくれるんですよね。なので、ホラーゲームがちょっと苦手な私でも楽しむことができました。

もう一つ他のゲームにはない点があります。それは、このキャラクターたちが動く!ということです。やっぱり静止画がずっとつずくよりも、ちょっと動いていた方が見ていて楽しいですよね。

キャラクターデザインは本当に手がこまれていて、無料のアプリでは考えられない完成度です。

3つのストーリーはどれも重厚で感動作!

さて肝心のストーリーの部分なのですが、これがまたすごいんです。

まずは3つのストーリーを軽く紹介!
狼ゲーム

謎の場所に集められた人たちが、狼と羊のカードを引き、狼を引いた人は羊のカードを引いた人を一人殺さなければ自分が処刑されてしまうというゲーム。そして、羊たちは毎晩狼だと思う人を処刑して行くというルールのデスゲームです。

主人公は証拠を集めて狼を暴いていきます。ゲーム性を近いゲームで例えるとすると、「逆転裁判」みたいな感じですね。そこに、人狼を掛け合わせてみたいな感じです。

iveproject(イブプロジェクト)

このゲームは謎の異世界に連れてこられた主人公が、仲間とともに異世界からの脱出を目指しさまざまな謎を解いて行くゲームです。

ゲーム性は今度は王道な脱出ゲームという感じの謎解きゲームです。

囚われの館

謎の洋館に迷い込んだヒロイン。そこに住んでいる人たちはみんな魔物で毎晩一人がヒロインを食べようと襲ってきます。襲ってくる敵から逃げながら様々な謎を解いて行くゲームです。

ゲーム性は「青鬼」に近い感じですね。

この三つを見て分かる通り

全部微妙に違うんです。。マンネリ化せず新しいゲームが楽しめるのがこのゲームの魅力の一つです。

サブコンテンツも充実!

このゲームは本編だけではなく、その裏側やその後を描いたサブストーリーやクエストストーリーも充実しています。

サブストーリーの中には課金が必要なものもありますがサブストーリーの中で一番重要なストーリーの一つである、狼ゲームのその後を描いた作品は本編同様の内容量があり、それに関しては時折流れるcmを見れば無料で見ることができます。またクエストストーリーに関してはライフが必要ですが、1日ごとにライフは増えるのでこれも時間はかかりますが無料でクリアできます。

これだけ無料で遊び込める要素があれば、正直十分でしょう。

物語は全て感動のエンディングあり!

そして、なんといってもエンディング感動できる点がこのゲームの一番の魅力でしょう。詳しくは言えませんが特に感動したのが、囚われの館のトゥルーエンドですね。あのストーリに関しては本当に感動できます。誰だってジーンとくるものがあります。

そして気になる課金・広告要素は?

広告はちょっと多い、でもイラつかせない工夫は感じられる。

広告は結構貼られていますね。まあ、無料であのコンテンツ量ですから多少は仕方ないところですが。

貼られている広告は大きく分けて3種類です。

バナー広告

常にアプリの下に貼られています。これに関しては、無料アプリなら大体貼られているのでまあそこまで気になる要素ではないです。そんなに面積も取られてません。

「ゲームが進んだ」で貼られている広告

ストーリーが進むと「ゲームが進んだ」という演出があり、そこに広告が貼られています。ただ全画面の広告ではなく小さい広告です。また、無料ゲームによくある数秒見させられる広告でもなくふつうにすぐに本編に戻れます。多少誤タップもありますが気をつければ大丈夫でしょう。

途中に流れるcm

「続きはcmの後で」という場面があり、押すと30秒ほどのcmが流れます。しかし流す前に事前に教えてくれること、堂々とcmと言っていることもあってあまり広告がうざいとは感じませんでした。

課金要素は多め、でも大事な部分は無課金でも楽しめる。

このゲームは課金要素も多いです。特にサブストーリーは課金しないとプレーできないものもあります。ですが、本編は無課金で全てプレーできますしサブストーリーも半分くらいは無料でできます。十分に楽しめる内容でしょう。

まとめ

このゲームは無料アプリの中では最高レベルの充実度でした。課金や広告の制約もコンテンツの満足度には到底及びません。なので、素晴らしいゲームと言って間違いはないでしょう。

ただ一つ難点があるとすれば、デスゲームではあるので怖いところでしょうか。ホラーが苦手な人は気をつけるべきですね。

ミステリーや謎解き系が好きな人は、このゲームは特におすすめの作品なのでまだプレーしていない人はプレーするべきです。

わさびゲーム
わさびゲーム
開発元:Kousuke Wakayama
無料
posted withアプリーチ

過去のゲームアプリ紹介はこちら

www.harupiro.work

[^1]画像は、「わさびゲーム」より撮影・引用